阪神芝2400m

メンバーによってペースが全く違う
どの位置取りからでも持続した伸び脚が魅力
標的となる逃げ馬はかなり強い馬じゃないと押し切るのは難解

 スタート位置は内回りの2000mと同じ。外回りの分だけ直線が延びるので、一気に持続した脚がある馬に有利に働くコース。

 標的となりながらの逃げ切りはなかなか難解でかなり楽を出来るか持続した伸び脚が使える強い逃げ馬じゃないと苦しい。

 この距離なので出走馬によってペースもまちまちで、先行勢が有利になる事もあれば、追い込み馬まで届く展開となる事もある。


 どの位置取りにしても長くいい脚を使える事が理想で展開を考えながら持続した長い脚をどこから使えるかという事に着目した予想が有効。
---前走使用コース---
中京芝2000m 33.3%
東京芝2400m 23.8%
阪神芝2000m 18.8%
中京芝2500m 11.1%
阪神芝2200m 10.5%
京都芝2400m 9.5%
 
種牡馬実績(連対率、最低機会5)
12/2/26以前1年間
スペシャルウィーク 42.9%
アグネスタキオン 33.3%
ディープインパクト 27.3%
ハーツクライ 25.0%
シンボリクリスエス 20.0%
騎手実績(連対率、最低機会5)
国分 41.7%
岩田 33.3%
川田 33.3%