中京ダ2500m

 

 向正面の坂の頂上からのスタートですぐに下り坂となるが距離が距離だけにそこで極端にペースが上がる事は考えづらい。直線も長いことから最後の3コーナーくらいから一気にペースアップもしづらく全体的に追い出しを我慢するようなレースが多くなりそう。小回りの長距離ダートでは全体的にスパートも早く直線に入る前からレースが動くケースが多いが、このコースは直線に入ってからレースが動く事が考えられます。

 長距離を走れるだけのタフさは勿論ですが持続力だけでなく追い出してからスピードに乗れる必要あり。長くいい脚を使える馬なら直線競馬でも詰め寄る事も出来そうなコースなのでどこからレースが動きそうかというのが予想のポイント。基本的には長距離ダートの適正が必須。