中京ダ1900m

 



 このコースがどれくらいの使用頻度があるのか分からないが1800mとの大きな差はスタートしてからすぐに2mの坂のぼりが200mも続くところにある。その結果、前半がダラダラとなりそうでかなり流れが緩くなりそう。

 直線も長いことから追い出しも我慢される事になるので緩い流れからでも一気に加速できる持続した伸び脚のある馬に有利。流れが落ち着きやすい事から出来るだけロスの少ない先行馬でなおかつ後半に加速力があって脚を伸ばせる馬が理想。外を回し続けるとロスも大きくなるのでロスなく運べる馬を基本に。