中京ダ1800m

 直線の半ばからスタートでスタート位置から1mほどの上り坂となる。その先の前半はほぼ平坦でコーナーを回り向正面半ばから下り坂になる。

 直線が長いことから騎手も意識して仕掛けを遅らせる事となりそうだが3コーナー付近の下り坂から自然とペースアップしていっての直線となるので後半にも伸びる持続力がないと厳しい。京都1800mを前で残す事が出来ても阪神1800mでは残せないような馬はこのコースには厳しいので前に行く馬であれば阪神1800mや東京1600mを押し切れるくらいのタフさが必要。

 スタートしてから最初のコーナーまでは300mほどなのでまずまずな距離ではあるが外枠の先行馬はスタートダッシュをしたいがスタート位置が上り坂なのでどこまで前半でスピードに乗れるかに注目。基本的には内側で我慢して直線から馬群の中を突く競馬が出来る馬に理想となりそう。ただし、東京のように直線でバラけるとは限らないので内側で包まれて動けなくなるという可能性もある。

 追い出しを我慢しながら内側でジックリと脚を溜めれる馬にまずは着目するのが攻略ポイントとなりそう。