中京ダ1200m

 2コーナー出口付近からのスタートで最初のコーナーまでは400mくらいと十分な距離があるのが特徴でスタートしてから約1mほど坂を上がるとそこからは一気に下り坂でスピードがつきやすいので向正面はらスピードが落ちづらいまま直線に入ると最後に2mの坂があるというタフなコース。
 JRAのダート1200mとしては最長の直線のコースとなる。下り坂があることでスピードが落ち辛い上に直線が長く坂があるのでスピードだけで押しきるのが難しくなると考えられる。

 コーナー半径が東京に比べて急になるので内側の馬は3コーナーでスピードを少し落として回ることになりそうで外側を回す馬はそのままスピードに乗せて直線に向くことが出来そう。そこからしっかり伸びていけるだけの持続力を持ち合わせた馬が有利になるので東京1300mを先行しながら伸びていけるような馬が魅力。
 枠に関してはペースが速くなりやすいので自在に動いて行きやすい外目の枠の方が有利になりそうなので注目したい。